その呼び名はかっちょ悪いか

いつだか見た「本の雑誌」の穂村弘。
「ベルト」と「バンド」について。
大学の言語学の先生に、「アベック」が「カップル」になったりするのはなんでか、と聞いた。
その答えは「わからない」。
ズボンを止める紐のことを、「ベルト」という人と「バンド」という人が半分くらいずつ、という時代があった。
しかしいつの間にかバンドは駆逐された。
でも、とその先生はいう。
「髪留めと時計のそれは違うんですよねえ」。
うん、ヘアベルトとか時計ベルトとかは言わないな。
モード系の用語の使用はカッコいい悪いで線引きされるはずなのだが、いつの間にか、理由もなくチョッキはかっこ悪くなり、背広はジャケットに、とっくりはタートルに取って代わられた。
あ、そういえばズボンってのも使わないな。

この時期のファッション

日によってだいぶまだまだばらつきはありますが、
だいぶ暖かくなってきました。

でもこの時期に悩むのが、服装というかファッション。
寒いのと暖かいのとでドッチつかずで悩むんですよね(笑)

ちょっと着込むと熱いし、薄着だと寒い・・・

個人的には春のファッションが一番難しいきがするんですが、
私だけですかね?(笑)

さらにその輪に拍車をかけるのが、
バーゲンシーズンじゃないこと(汗)

なんか通常価格で買うのが勿体ない感じがします。

モテルためにはそんなこと言ってられないんですが^^;

なんかどうしても貧乏性な自分がいます・・・

あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます!2013年がスタートしました。

まぁ私は毎年代わり映えのしない年越しでしたが、
なんとなく正月っていいですよね。

のんべんだらりと部屋でゴロゴロ・・・
をやってちゃ去年と同じですね(笑)

一応今年は年始のセールに出かけてきましたよ。

やっぱり服とか割り引き価格で安いのがいいですよね。
お金は限りがあるのでセールを利用するのが一般人には得策です。

そういえば、去年ファッションについて気付かされることがありました。
それは「ブランド・価格よりバランス」です。

今までは、「このブランドだからいいだろ」的な感じで
服を買っていたんですよね。
で、その服そのものはいいけど、他はまったくショボかったり、
全体のバランスがおかしかったり。

ファッションはその人の雰囲気を決める部分。
そう考えるとやっぱり全体のバランスがキモになります。

おしゃれな人がユニクロや無印だけのコーディネートでも
格好よくなるのは、そういうことなんだなって気付きました。

今年はそのあたりを重視しながらやってみようと思います。

女性に好かれるファッション

服装というのは見てくれに大きく関わるところです。

ビジュアル面で言えば、顔と同じくらい重要なところ。
むしろ、ダサいイケメンよりおしゃれなフツメンの方がウケがいいので、
服装は顔より重要なのかもしれません。

ただ、ここで男性が勘違いしがちな部分があります。

Continue reading “女性に好かれるファッション”

ファッションの手抜きは堕落の始まり

ちなみにブログタイトルの「~序章~」には意味がありません(笑)

前回の挨拶で「ブログは自分へのプレッシャーのため」
という話をしたんですが、

緊張感の無さってファッションの手抜きから始まるような気がします。

というか自分が実際そうですしね(笑)

学生のころや就職したての20台前半あたりは
着るものも気をつけて、ある程度お金も掛けてたんですが、
30歳に近づいていくにつれ段々とどうでもよくなっちゃう。

男はこういう傾向ってかなり多いんじゃないかと思います。
回りの上司とか見てもそうですしね。

ただ、このあたりの「人に見られるという意識」が薄くなると
結構ヤバイ・・・(汗)

そうなると、ファッションに始まって、体型、髪型、清潔感、
どんどんと侵食しちゃいますよね。

自分はー、、、まだギリのとこだと信じたい(笑)