最近見た映画

良さそうな映画は、オンライン動画配信サービスやDVDではなく映画館で鑑賞するようにしています。

映画が上映される前の独特な雰囲気と、終わってからの不思議な開放感が大好きです。

最近見た映画の中でも特に印象に残っている作品は、「31年目のチェルノブイリ 本橋成一2017 ベラルーシ再訪ドキュメント」です。

東中野駅から徒歩で3分程度の便利な立地にある、ポレポレ東中野で上映されていました。

1986年の原発事故から30年の時が流れた、チェルノブイリの実態を捉えたドキュメンタリーになります。

汚染された土地を離れていく多くの人たちと共に、「サマショール」と呼ばれる数少ない故郷に残った人々の思いには胸が痛みました。

2011年の3月11日以来日本でも問題になっている、原発や故郷を追われた人たちの運命にも繋がるものがありました。

重いテーマを扱いながらも美しい映像と優しさ溢れる言葉が心に響いて良かったですよ。